リストラ対策.com TOP → 失業給付 確定申告

確定申告

失業後は税務署へ行き確定申告(還付申告ともいう)を行うことで、払いすぎた分の税金が戻ってくることがあります。そのため、税金の手続きにも注意を払ったほうが良いでしょう。正社員として雇用されている間ならばともかく、そうでない場合は、税金を払いすぎているケースが多く見受けられます。そういった税金の払いすぎに関して、国は保障をしてくれているのです。

リストラによる解雇に関して、もし年末調整を受ける前の解雇であった場合、解雇された年は年末調整を受けていないことになります。求職者給付における雇用保険は非課税ですので、これは所得金額とはなりません。一時所得や公的年金、事業報酬などといった雑所得に税金がかかっている場合でも同様で、確定申告の対象となりえますので、こういった細かい部分にも目を通すようにしましょう。

確定申告によって戻ってくる金額自体は、それほどのものでもないと思われるかもしれません。しかしながら、払いすぎた税金は取り戻すことが可能ですし、こういった小さな部分も疎かにしないことで、経済的な面でも少しは助力となるはずです。確定申告が面倒だとおっしゃる方はよく見受けられますが、そこは少しだけ我慢して、確定申告も欠かさず行うようにしましょう。

税金の払いすぎに関して、確定申告を行えばキチンと戻ってきますので、確定申告は行いましょう。多少の手間はかかるかもしれませんが、少しだけ我慢すれば払いすぎた税金が戻ってくるのです。

失業給付


超速効型インスリン
超速効型インスリンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!