リストラ対策.com TOP → 失業給付 失業認定手続き

失業認定手続き

失業給付をもらった後の対応としては、四週間に一度ハローワークに行き、失業認定手続きを行う必要があります。またこの四週間に一度ハローワークに行く日というのは、手続きをしてもらえる「時間」も決められています。午前なら午前、午後なら午後という風に、間違えないようにする必要があるでしょう。この失業認定手続きを忘れてしまうと、失業給付を受ける資格を失ってしまうこともあります。

失業認定手続きを行う日、いわゆる「失業認定日」に関して、たとえば病気などでハローワークに行くことが出来ない状態にある場合は、失業認定日を変更してもらうことも出来ます。病気でなくとも納得できる理由があれば失業認定日の変更は可能ですので、都合によっては連絡を入れてみるのも良いでしょう。よほど事情が軽くない限り、変更が受理されないということはありません。

ハローワークに赴く失業認定日の曜日は、通常ならば固定されています。しかしその日が年末年始、もしくは祝日でハローワークが休みである場合は、失業認日を別の日に変更されることになります。また失業認定手続きに関して、就職先を探す努力をしている姿勢を見せなければ、失業給付が受けられなくなることもあります。四週間に一度は最寄りのハローワークで求人を探し、受給者資格証に判子を押してもらいましょう。

失業給付を受け取るために、失業認定手続きは欠かさないようにしましょう。忘れてしまうと、取り返しがつかなくなることもあります。

失業給付


代筆
代筆なら書道サービスで!

アンカロン注
アンカロン注なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

富士宮市の解体工事
http://www.ec-center.co.jp/