リストラ対策.com TOP → 失業給付 失業給付の手続き

失業給付の手続き

失業給付の手続きのやり方は、まず退職した会社から離職票をもらい、ハローワークへと申し込みに行くことからはじまります。これはパート・アルバイトを辞めた時にも同じことが言えます。正社員であれば、基本的には雇用保険に加入しているはずです。ただしパート・アルバイトの場合、勤務状況によっては雇用保険に加入していないこともあるため、よく確認しておきましょう。

失業給付が出る条件は、雇用保険にどれだけの期間加入しているか、退職は会社都合か自主都合かによって変わってきます。会社都合の退社(解雇)の場合は六ヶ月分の雇用保険の加入で失業給付がされますし、給付制限もないため早い段階で失業給付を受けられるでしょう。ただし会社都合の解雇は会社側にもデメリットがあるため、会社側は多少なり強引にでも自主都合と労働者に言わせようとするなど、悪質な企業も数多いです。

自主都合の退職の場合は、給付制限が三か月分も設けられているため、失業給付の申し込みから三ヶ月経っていないと受け取れません。しかも十二ヶ月分の雇用保険加入がなければならず、例えば入社してみて自分の肌に合わないなどといった理由で自主退職すると、失業給付の対象とはならないのです。しかしその前にパート・アルバイトなどで雇用保険に入っており、十二ヶ月分(会社都合の退職なら六ヶ月分)の雇用保険加入が認められる場合、失業給付は受けられます。

次の就職先を見つけるまでの収入源として、失業給付は強い味方となるでしょう。

失業給付


ブンデスリーガ 動画
ブンデスリーガの動画ならサッカー動画ダイジェストマガジン