リストラ対策.com TOP → 個人による対応 離職票

離職票

リストラに対する対応としては、リストラにより解雇され、ハローワークにて再就職先を探す場合、まず離職票を持って行きます。離職票は再就職先を探すのにも使われますし、何より次の就職先を見つけるまでの期間、失業給付を受け取るための大事な書類にもなります。離職票は次の就職先へと赴く先にも持参するものですし、必要書類の中でもかなり重要で、長い付き合いとなるでしょう。

離職した場合、基本的に離職票は労働者に委ねられます。これは正規の社員だけでなく、パート・アルバイトの場合にも同様です。何年間その企業に属していたか、月々の給与はいくらほどであったか、また退職理由などが記されており、ハローワークで失業給付の受け取り期間などを決定するのに、重要な書類となります。これを無くしては再就職に差し支えるでしょう。

離職票を何らかの理由でなくしてしまったとしても、会社に再度発行してもらうことが出来ます。会社への連絡がためらわれる場合でも、ハローワーク経由での請求も可能です。また離職票に記されている内容に不備がある、もしくは誤りがある場合は、修正の要請を会社にすることも可能です。企業側に悪意があり、あえて誤った内容を記載している場合は、再発行を断られることもあるかもしれませんが、企業側に偽りを記す権利はありません。

離職票は再就職先を探すのには欠かせない大切な資料です。失業給付の申請にも必要ですので、ハローワークへ行く際は必ず持って行きましょう。

個人による対応


ランタス 使い方
ランタスの使い方なら医療関係者向けの製品情報サイトで!