リストラ対策.com TOP → リストラと保険 雇用保険

雇用保険

主な雇用保険(失業給付)の内容としては、勤務年数や年齢、退職理由により、給付を受けられる日数が異なります。正社員などは基本的に雇用保険へ加入することになり、またパートタイム・アルバイトでも一週間の所定労働時間が二十時間を超え、更に三十一日以上の勤務が認められる場合は、雇用保険の被保険者となります。

人によっては被扶養者資格などを維持するため、収入を抑える方もいらっしゃるでしょう。そういった場合は勤務時間を抑えることもあり、一週間の所定労働時間が二十時間を超えない場合もあります。ただし、一週間の所定労働時間は二十時間を超えながら、被扶養者資格の範囲内で収入を抑えている場合は、両立は可能です。雇用保険に関しては、突然の解雇などにも対応するために、出来るだけ被保険者の資格は維持しておくほうが良いです。

自主退職から失業給付を受け取る場合、十二ヶ月連続で雇用保険に入っていない場合は貰うことが出来ません。また自主退職の場合は失業給付が出るまでに約三ヶ月は給付制限が設けられるため、すぐに受け取ることはできないのです。ただし会社都合の退職(解雇)である場合は、連続で雇用保険に入るのは六ヶ月でも構わず、また給付制限も設けられないため早い段階で失業給付が出るでしょう。

しかしながら、例えば日雇いのお仕事を三十一日以上休まず続けていたとしても(仮にですが)、個々の契約が三十一日未満である場合は雇用保険の対象とはなりませんので、そこだけは間違えないようにしましょう。

リストラと保険


静岡 解体
静岡で解体を依頼するならイーシーセンターで!

ティアモ カラコン
ティアモのカラコン通販サイト