リストラ対策.com TOP → リストラと保険 健康保険

健康保険

会社をやめた場合、今までの健康保険は使うことができないので、国民健康保険に入るか任意継続被保険者か配偶者などの被扶養者になる必要があります。とりあえずの経済対策としてパート・アルバイトを選ぶ場合でも、国民健康保険に入る必要があるでしょう。正社員として再就職が決まった場合でも、仮に健康保険制度がなかった場合、継続して国民健康保険に入る必要があります。

しかしながら、国民健康保険という受け皿が存在するとはいえ、健康保険制度の存在しない会社に応募するのもどうかと思われます。健康保険制度というのは、企業に正社員として身を置く上では最低限必要な制度と言っても過言ではないでしょう。それが存在しないという会社は、言い方は悪いかもしれませんが、あまり良い会社とは言えないというのが正直なところです。

健康保険は非常に重要です。ただでさえ現代人は環境の変化により体調を崩しやすく、医者にかかりやすい傾向があるのです。しかし企業によっては「健康保険制度があるから精神的にたるみ、病院を頼るようになる」と下らない論理を展開するところもあります。はっきり言って、このような論点のずれた精神論を押し出すような会社は普通とはいえませんので、あまり応募は好ましくないです。

健康保険制度の有無は、再就職先を選ぶ際に最低限の必要条件であるとみなしましょう。健康保険制度が存在しない会社は、労働者のことを使い捨てとしか見ていないことも多いのです。

リストラと保険


ワンタキソテール 添付文書
ワンタキソテールの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

金持ち父さん貧乏父さんhttp://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム