リストラ対策.com TOP → 各部門における対応 通信部門

通信部門

リストラに関しての通信部門における対応としては、電話代の抑制や書類の電子化による非IT部門通信費などがあります。たとえば通信費に関して、昨今ではインターネットを介したメールのやり取りなど、様々な方法があります。昔なら電話などが主だった方法でしたが、技術の促進した現代では多くの方法が開発されているのです。これらの導入を検討し、利益を見出すのも、事業再構築における通信部門の役割でしょう。

通信部門の仕事は、とにかく通信によって無駄をどこまで省けるかということです。例えば今ならメールやメッセンジャー、はたまたテレビ電話など、様々な通信方法があり、これらは広く活用できるものです。特にリアルタイムで話し合いの出来るメッセンジャー・テレビ電話などは、会議などでわざわざ部屋を借りたり集まったりすることなく、無駄を省いて会議が出来る手段として着目されています。

労働時間内での移動に関して、移動する時間そのものは然ることながら、交通費に関しても節約したいところではあります。こういった移動時間・交通費を節約する手段として、インターネットなどを介した通信というのは非常に便利なのです。とはいえ、どうしても直接的に会わなければならない場合もありますし、そういった場合は難しいでしょう。しかしそれ以外の場面で節約できるなら、それに越したことはないのです。

事業再構築で安易に解雇に走るより、まずはこういった部分で節約できないかを考えるべきです。

各部門における対応


観葉植物のレンタルを東京で
http://www.rental39.com/