リストラ対策.com TOP → 各部門における対応 人事部門

人事部門

リストラに対しての人事部門のおもな対応としては、残業時間の抑制やワークシェアリング、従業員等解雇などがあります。リストラに関しては、そもそも人事部門が取り決めるということもあり、誰がリストラされるのか早く知ることが出来ますし、その理由についても他の部門より詳しく情報を得ることが出来るでしょう。リストラの際に実行元となりやすいのが人事部門です。

さて、リストラの実行元となりやすい人事部門ですが、だからといってリストラの実行対象にならないわけではありません。といっても、解雇という意味でのリストラは、本来的な意味とはかけ離れていますし、解雇となるのにはそれだけの理由が存在する場合もあります。ここで解雇の定義や基準について論じても、人や企業それぞれとしか言えませんし、解雇について述べる意味はあまり無いでしょう。

ですので、ここでは本来的な意味でのリストラ(事業再構築)について考えるとします。最初に述べたとおり、残業時間の抑制やワークシェアリング、従業員等解雇などを行いますが、まず最初にやるべきなのは「残業時間の抑制」「ワークシェアリング」などであり、従業員の解雇は最後の手段とするべきです。安易に人員を削減する方法などをすぐに取るのは、企業としての能力を疑われることになるのです。

人事部門に関しては、出来るだけ安易な従業員解雇は避け、他の手段を十二分に講じて事業再構築に臨むべきであると言えるでしょう。

各部門における対応


ポスター印刷
ポスター印刷ならディプリーズ楽天市場店で!

ティアモ
ティアモのカラコンが、セールでビックリ490円でカラコンが買える!